恵信堂

不妊治療 二キビ アトピーでお悩みなら茨城県つくば市 漢方の恵信堂へ       


西洋医学からみた妊娠のメカニズムを基本に「月経期卵胞期排卵期黄体期
という4周期に合わせて中医薬を飲み分け、低下している生理機能を調整しながら
妊娠率を高めようというのが中医学の「周期調節法」です。
西洋医薬を飲んでいる方も、薬の併用ができるから安心です。


周期調節法では、カラダが本来の機能を取り戻すことができるように、
血液を養い、月経を調節する作用がある「婦宝当帰膠」をベースに、
各時期には、主に下記の漢方薬が使用されることが多いです。
こうした漢方薬は、カラダを根本的に健康へと導きます。
その結果母体の生理機能が調い、妊娠後の、流産の心配も減少しますので、
これほどうれしいことはありませんよね。


その人の体質や症状、状態によって使う漢方薬は異なりますが、
下記の症状については効果をあげていることが確認されています。


●皆様のお悩みをご相談フォームからお聞かせください。
 できる限りのアドバイスをさせていただきます。
 なお、ご相談料は無料ですのでお気軽にご利用ください。→こちらから