恵信堂

不妊治療 二キビ アトピーでお悩みなら茨城県つくば市 漢方の恵信堂へ       

皆様のよくある質問をまとめています。
当てはまる方がいらっしゃれば、一度ご覧になって下さい。

Q. 病院で不妊治療中の薬をいただいたのですが、吐き気の副作用のために服用することができません。 漢方薬でよい方法はありますか?



A.
本来、授乳期に分泌される催乳ホルモンであるプロラクチンが妊娠していない
女性の体内に増加すると、排卵障害や無月経などを招き不妊の原因となります。
プロラクチンを抑える医薬品もありますが、
ご相談のように副作用で飲めない方や飲みたくない方は麦芽を炒ったものを飲まれるとよいでしょう。
麦芽は中国では昔から断授乳に使われていました。

以前は毎日50㌘の炒麦芽(いりばくが)を水から煎じなければならず、
大変な手間がかかりましたが現在はエキスタイプのものが発売されており、
手軽に飲めるようになりました。この炒麦芽を月経周期に合わせ飲むことでプロラクチンを抑え、
卵胞の発育を助け排卵しやすくなるとともに、月経前の胸の張りや痛み、
乳汁の分泌を抑えることができます。麦芽はビールの原料ですが、
ビールでは同様の効果を得ることはできません。

漢方薬による妊娠しやすい身体づくりは女性の体にやさしく、とても理にかなった方法だと思います。